BRENDA仙台南店スタッフブログ



〜TREK history〜 TREK(トレック)の由来と創業者の想いとは・・・

こんにちは。すごい雪ですねー。

今日はBRENDAの取り扱いブランドであるTREK(トレック)の歴史について書いていきます。

社名の由来や創業時のビジョンなどなど・・・なかなか興味深いブランドですよ。

Trek_Boilerplate_Logo_on_Black_450x300

1976年のある日、町はずれにあるクラブ『パインノール』にて2人はこれから立ち上げる自転車ブランドの社名について議論していました。
【TREK】と【KESTREL】。

『ベビル・ホッグ』は、活発なライフスタイルの会社(後に彼が創立した会社のような)にふさわしい【KESTREL】を提案し、一方『ディック・バーク』は、トレッキングの語源【TREK】を強く押しました。
結局、ディックの持つアイデアへの信念は説得力があり、”旅”を意味するTREKが採用され、2人の物語は始まります。

会社のビジョンは「製品は最高品質のクラフトマンシップ(職人技)により造られ、アメリカ国内で生産され、多くの人々へサイクリングの喜びや冒険を提供する」こと。
アメリカ・ウィスコンシン州にある赤い屋根の小さな倉庫で「世界一のバイクづくり」を目指し従業員5人で900本のフレームを手作業で作り、ペイントを施しました。

Red_Barn_stories_crop
この時から、TREKは【フレーム生涯保証】をつけて出荷しています。


会社が大きくなった現在、この建物より1.6kmの地に遥かに大きな本社・工場を構えています。

Bikerumor-Trek-Factory-Visit-210213_331
TREKがスポーツバイクの大企業として成長したのも、2人の熱い想いがあったから。
数年前、実際にこの建物を訪れた時にTREK USAの社員の方が、この建物を非常に大切にしている話を聞きました。
TREKの意味、“旅”。
TREKのバイクは、旅行に出かけるようなワクワク感を、日常にほんの少し与えてくれるのかもしれません。




2月15日パンク修理講座を開催!

2月もパンク修理講習会を開催します。

最近スポーツバイクに乗り始めた方や、ライドしながら「パンクしたらどうしよう・・・」と思っている方はぜひご参加ください!

 

TREK_COLOR_9850

 

日時:2月15日(日)

参加費:無料(どなたでも参加できます)

時間:10時〜11時

持ち物:ホイール、パンク修理キット(お持ちの方)

※お店で貸し出し用がございます

人数:最大8名

ご予約は店頭かお電話にてお願いいたします。




閖上の朝市へ行ってきました!

朝、クロスバイクで30分ほどのところにある名取市のゆりあげ港朝市へ行ってきました。

jMN8s3bElCKZpLlnyY93KH38F3yhbx_1Gs4vwSYZQL4

 

9時過ぎに到着しましたが、人がたくさん!

v1Z4-zlwo1wdcWt4ywRU12gtjcF7CqA2yl-uwETTvyM

 

 見るからに新鮮な魚介や野菜が格安でした〜(購入できず残念!)

q67U9GGDxvHsP0moMoDhDLBHVhc8Ut09dqt2eaMEHBA

 

2fv2lFi5nfXXXfXl_WB6G7RAD4vISMl6o9Lcl8cAxZk

 

魚貝類はその場で焼いて食べれます。(ビール飲みたくなっちゃいますね・・・!)

hpVMgJnvh90WDAViabTKxXUq1T0jrTaMDJ67kZtUORw

 

出店も多く、お祭り感があります。

VkVXUdTs9Hr_8RF-GSYK3e2QpXXdFV4TYeY7726lwsA

 

今日は良い匂いに誘われて、名取名物の『せり鍋』を頂きました!

うどん入りで450円とお手ごろ価格!

5Ctolrg42q7btgB9o4ulNvC_agJi_FnqY3u53psc4Ng

 皆様もサイクリングのついでにぜひ!




明るいライトはこれだ!Bontrager ION700

スタッフの Natsumiです。

土曜の朝、快晴の中お店周辺をスタッフ3人でサイクリングしてきました^^♪

車通りの少ない山道を自由に走る気持ち良さ!

登り坂は男性スタッフ2人に置いて行かれながら(たまに待っててくれたり…)

なんとか登った後の下りが爽快でした~

つくづくロードサイクルには良い環境ですよね!

本日はロードバイクで車道を走る際に欠かせない必須アイテム、『ライト』をご紹介します。

通勤時の帰り道、薄暗い夕方、これからだとナイトランをする方もいますよね!

通勤やナイトランを快適にするお勧めアイテムといえば、カーボンハンドルや軽量パーツではなく、『明るいライト』が一番に出てきます。

米軍も使用するCREE社製のLEDを採用し、目の前のロードやトレイルを強力に照らし出す、頼もしいライトがこちら。
【Ion 700 USBHeadlight  ¥12,900(税込)】
DSC_4911

特徴は

・ポイント照射は700ルーメン

(一般的に眩しさを感じるのが200ルーメンと言われています)

・270°以上の広角配光が可能

・ビームやストロボなど5つのモードが切り替え自在

と光量に徹底的にこだわったライトです。

さらに、マイクロUSBボートから5時間で完全充電&持続時間最大は45時間と使い勝手も良いですね。

DSC_4917
皆さんを守る大切なアイテムだからこそ明る過ぎかも?
くらいが安心です!
DSC_4925

より快適に安心してスポーツバイクを楽しみましょう~!




弱虫ペダル!

来店してくださる高校生の話に付いていけなく、ついに読んでます『弱虫ペダル』。

30巻以上出てるのですね・・・。

自宅のテーブルは漫画が山積み状態。

6Vxs2lW0nrYlDr5hLohST4TryqEYoSy2n2FqyTo_UHM

普段、漫画を読まないのですが、これは面白いですね〜!

学生時代は部室に自転車漫画の『シャカリキ!』が全巻ありました。

弱虫ペダルファンの方は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね〜!

やっと20巻。インターハイを制するのはどのチームだー?




通勤・街乗り・ロードライドに!TREK 2015 CROSSRIP LTD

今まで、通勤や街乗り用のスポーツバイクといえばクロスバイクが定番でしたが、最近はロードバイクを使う方も増えていますね。

トレックからも、街乗り用のロードバイクが誕生しています。

 

離れると一見シルバーのシンプルなフレームですが・・・

DSC_4879

 

近くで見ると、しっかりロゴが入っています。

DSC_4881

 

ワイヤーはフレーム内臓。

DSC_4886

 

クロスリップ最大の特徴は、ディスクブレーキ。

雨でも制動力が落ちずに、通勤や街乗りには大活躍間違えなし!

DSC_4884

 

もちろん、ドロップハンドル。

補助レバーも付いています。

DSC_4888

 

タイヤは700×32Cで段差や悪路もしっかり走れるタイヤです。

DSC_4892

通勤にはタイヤの太いクロスバイクが便利だけど、休日はロードバイクに乗りたいなぁ。。と考える方にお勧めの1台です。

 

TREK 2015 CROSSRIP LTD

¥199,000

DSC_4880

 




プロジェクトワンにトレックファクトリーレーシングのTeam Editionカラー登場!

2015年シーズンを戦うトレックファクトリーレーシングのTeam Editionカラーが早速プロジェクトワンに登場!

昨年からのデザインを一新し、赤を基調とした大胆で印象的なカラーリングに仕上がっています。

depotDetail025358

エモンダ、ドマーネ、マドンには、デザインやカラーはもちろん、スポンサーのロゴまでもが再現されて、プロ選手がレースで使用するものとまったく同じものに乗れるのがTREKの凄い所。

depotDetail025362

こちらがトレック ファクトリーレーシングのバイクのメインカラー「ヴァイパーレッド」。

TFR_Team_Bikes_450x300

プロジェクトワンとは・・・

プロジェクトワンは、世界に一台しかないあなただけのバイクを作れる、カスタム バイクオーダーシステムです。
ロード、トライアスロン、マウンテンのカテゴリーから、数万通りに及ぶバリエーションから好みのカラーが選択出来るだけでなく、各パーツの種類とパーツサイズを 全てカスタマイズが可能!

あなただけの、たった一台のバイクを作ることができます。

プロジェクトワンの詳細は→コチラ(ブレンダHP)

プロジェクトワンの作成は→コチラ(メーカーHP)

2月1日までにオーダーすると、2万円OFFキャンペーンが開催されています。

ぜひご検討ください。




BONTRAGER(ボントレガー) Aura5 TLRホイール入荷!

ホイールが続々と入荷中。

今日入荷した、注目のホイールがこちらです。

 

BONTRAGER(ボントレガー)

Aura5(オーラ5)TLR

フロント(760g) ¥72,300

リヤ(960g) ¥90,500

DSC_4813

 

最大の特徴はディープリム。

DSC_4807

リムが深くなることで、スポークへの空気の巻き込みを減らしてくれます。

高速域の巡行になった時に「フッ」とペダリングが軽くなるのを体感できますよ。

ブレーキの当たる部分はアルミなので、カーボン用などを買い揃えることなく走行できます。

 

チューブタイヤから人気のチューブレスシステムも簡単に行えるのがGOOD!

DSC_4802

 

なによりも、見た目が良い!

DSC_4816

 

ブレンダでは、3万5千円以上のホイールに「ホイール購入プログラム」を適用しています。

ホイール購入プログラムとは・・・

・会員証無料発行

・タイヤ取り付け無料

・スプロケット取り付け無料

・1年間 振れ取り無料

・1年間 ハブ調整無料

 

ぜひご活用ください。

ご不明な点はスタッフまで。




車体を車に積むときはこれ!MINOURA VERGO EXCEL-S

車に車体を積むときに便利な商品のご紹介です。

前後輪を付けたまま、ポン!と自転車が乗る車ならいいですが、なかなかそうもいきませんよねー。

来店される方も、これを使っている方はスマートで楽々積み下ろしされています。

 

MINOURA

VERGO EXCEL-S

¥7,500(税込)

DSC_4774

フロントホイールを外し、前輪を固定するのみ!

土台も固定する必要がないので、普段も邪魔になりません。

 

クロスバイクをつけてみました。

DSC_4775

 

車高によってはサドルを下げたり、抜いたりする必要があるかもしれませんが、横向きに倒すよりも少ないスペース&安全に乗せれます。

こんな感じで車に乗ります。(写真は2台用です)

スクリーンショット 2015-01-16 18.19.57

実際に車へ積み込んでみることも可能です。

ぜひご相談ください。




試乗車情報を公開!

長らく準備中となっておりました、試乗車情報を公開しました。

 

一般車とスポーツバイクの違いを知りたい!

ロードバイクに乗れるのか不安!

カーボンロードバイクって本当に乗り心地が良いの?

などなど・・・スポーツ自転車は疑問点が多いですよね。

ブレンダは東北では珍しい『試乗のできるショップ』です。

Emonda_testing8_9009-(4)

 

今回、試乗車でご用意したのは・・・

・一番人気のクロスバイク7.4FX

・軽量に特化したEMONDA S5

・振動吸収性に優れたDomane4.3

・女性用設計のEMONDA S5 WSD

あと何台か増える予定です。

 

まずはスポーツ自転車をお気軽にお試しください。

ご来店、お待ちしております。

試乗車ページはコチラ


45 / 48« 先頭...40...4546...最後 »

Brenda店舗写真

【BRENDA -ブレンダ- 】

米国最大の自転車メーカー『TREK(トレック)』を中心とした人気ブランドを取り扱うショップです。約60坪の広々とした店内に、スポーツ自転車を約50台展示しております。試乗をして頂いたり、サイズフィッティングをしたりと『見て』『体感して』自転車を選んで頂けます。初めての方も大歓迎です!気軽に相談できるスタッフがお待ちしておりますので、安心してご来店ください。

〒981-1106 宮城県仙台市太白区柳生2-5-2
TEL022-797-7739

アクセス