BRENDA仙台泉店スタッフブログ



OGKバイザー付きヘルメット VITT(ヴィット)入荷!

話題のヘルメット、VITTが入荷!

サイクリングイベントやロードレースでも使用率がグッと上がってきたシールド付きヘルメットに、低価格モデルが登場!

眼鏡を使用するユーザーからの支持が大きかったですが、最近ではサングラスよりも目が疲れない!(風が入ってこない)という理由で使用しているユーザーが多いですね。

 

OGK VITT

¥13,000(税抜)

マットブラック

DSC_0373

パールホワイト

DSC_0374

眼鏡との干渉を考慮したシールド装備
マグネットでの取り付けにより着脱も簡単で眼鏡との干渉を考慮したシールドを標準装備しています。

DSC_0388

使用しないときはヘルメット部分に装着が可能です。

DSC_0387

 

ワンランク上の包み込むようなフィット感
アジャスターには、球体形状のサポート部分に適度なしなりを持たせたスプリングで、後頭部を包み込むようなフィット感を実現する『XF-8アジャスター』を採用。心地よいサポート感とワンランク上のフィット感が得られます。

DSC_0384

A.I.(Anti-Insect)ネット
エアインテークからの虫の侵入防止を主な目的として採用。頭全体を包み込むA.I.ネットは、フィッティング重視を求める方にも最適です。

DSC_0390

日本メーカーのヘルメットなので、ほとんどの方にフィットする作りとなっています。ぜひ店頭でご試着ください。



世界500足限定モデル!S-WORKS EXOS 99 入荷!

スペシャライズドから片側99g、世界500足限定のスペシャルシューズが1足限定で入荷しました。

 DSC_0334

S-WORKS EXOS  99   ¥68,000+tax   size 41.5

既に発売されているS-WORKS EXOSの150gより軽く、

あらゆるバイクシューズのなかで最軽量を目指して作られたS-WORKS EXOS99。

DSC_0349

生地はEXOSと同じで非伸縮性の「Dyneema」を使う事で、履き心地とパワー伝達性能を実現。

裏が透けて見えるほどです。

DSC_0350

重量削減とフィット感を求めてBOAダイヤルではなくシューレースを採用。

とにかく軽いので実測重量を測ってみました。

公称99gですがなんと、、、

DSC_0337

サイズもあり公称より遥かに軽い93g。

軽いと分かっていても持つ度に驚く軽さです!!

もう少し分かりやすくすると、、、

DSC_0338DSC_0340

EXOS99両足分とS-WORKS7片側の重量を比べてもなおEXOS99の方に軍配が上がります、、、

S−WORKS7も決して重いシューズではないのでなおさら驚きです。

DSC_0348

この軽さの秘密ですが、ソールはTarmacのフレームなどを開発する時と同様の方法を採用。負荷のかかるところとそうでないところをカーボン一層ずつ解析することで、剛性を保ちながら肉抜きすることが可能に。その結果50gのアウトソールの開発に成功。単に軽いだけでなく、他のS-WORKSモデルと同等の剛性指数になっているので、力をロスする事なく伝えてくれます。

DSC_0352

きちんとシリアルの入ったカードが入っています。

ブレンダには41.5sizeが1足のみ入荷。予約分ではなく、貴重な店頭在庫分です。

サイズの合う方は是非オススメです!持ってみたいという方も触れるのは今だけです!サイズ感など他のシューズと異なることがありますので試着をおすすめします。



6月15日(土)メンテナンス講習会あります!

ワコーズ歴18年の和光ケミカルベテラン講師をお迎えして、ケミカルの定番“ワコーズ”を使ったメンテナンス講習会を開催します!

洗車のコツ、ケミカルの使い分けなどプロの技を身につけて、ぜひ愛車のセルフメンテナンスをどうぞ。

<スポーツバイクの洗車と注油講習会“WAKO’S編” >

DSC_6165-300x198

IMG_3022

IMG_3291

日時:6月15日(土)10:30~11:30

場所:BRENDA仙台泉店

内容:スポーツバイクの洗車と注油の方法をわかりやすく解説します(デモンストレーション形式)

参加費:BRENDA会員の方 無料、非会員の方1000円

申し込み方法:店舗またはお電話にて金曜日にお申し込みください(TEL:022-779-5201)※水木定休日です。

※汚れても良い服装でご参加下さい。



NEW! XTRM(エクストラム)バーテープ取り扱い始めました!

DSC_0305

XTRM(エクストラム)というメーカーをご存知ですか?

台湾製のバーテープでしっとりした握り心地で薄めの厚さで握りやすさが人気のバーテープです。

海外では以前から販売されていましたが最近日本にも入ってきました。

触り心地はしっとりとした感じでグリップ力がかなりあります!

DSC_0300DSC_0303

BRENDAには薄めの2mmとちょうどいい厚さの2.5mmが入荷!

DSC_0309

ハイグリップ、固め、細めが好きな方には、2mm,

DSC_0307

もちもちしていてクッション性とグリップ力が欲しい方には2.5mmがおすすめです!

 

それぞれ入荷したカラーこちら。

DSC_0297

2mm レッド、イエロー、ブルー、ネオンイエロー、ピンク、ブラック

DSC_0303

2.5mm レッド、グレー、ブラック

DSC_0296

カラーサンプルもございます。是非見て触って試してみて下さい!

 

どちらのモデルも汚れ落ちがかなりいいです!ハイグリップなテープにありがちな滲むような汚れが付きにくい加工がしてあります。

DSC_0284

手が汚れたまま触るとなりやすいチェーンの黒い油汚れも、、、

DSC_0288

マルチクリーナーを付けて、キレイなウエスでゴシゴシ拭くと、、、

DSC_0289

ほとんど落とせます!これは凄い!

個人的なオススメポイントはここです(笑)派手な色も思い切って使えます!白でも、黄色でも、、、

気になる方はぜひ店頭にて見てみて下さい!今のバーテープが汚れてきた方、衣替えしたい方にはおすすめです。

 



ライドイベント報告!シャクヤク祭りへ行ってきました

6月1日(土)に珍しくオープン時間を遅らせて80㎞のライドイベントを実施しました。

7時半にブレンダ泉店を出発して、おおさとの道の駅~愛宕山公園でシャクヤク祭り~ラスフィールドさんで昼食の内容盛りだくさんのライドとなりました!

14名で出発!

gEihMQi5.jpeg

東北学院大学前の登坂を越えてしまえば、あとはキツイ登りは一か所のみ!

JfCRctze.jpeg

rV0cbN4g.jpeg

写真 2019-06-01 8 43 36

平坦を淡々と進みましたが、途中でパンク修理講習会を開催(笑)しつつ、約2時間で到着!

CTtKgbEE.jpeg

↓空気の仕上げはCo2カートリッジで!

GEGzD3B_.jpeg

愛宕山公園内のシャクヤク園は色麻町の大イベント!たくさんの人がいましたよ!前日の雨で少し心配でしたが、ちょうど満開でバッチリでしたね。

osUt3H-i.jpeg

近場にいた人だけで記念撮影!

Jkjal8Nv.jpeg

お祭りなので、屋台!食事前ですがかき氷などなど軽~く頂きました。

GZ2Z7eEx.jpeg

syLI5Kvd.jpeg

シャクヤク祭りを満喫して、愛宕山公園内から2㎞ほどでお食事をお願いしていたライスフィールドさんへ!

cvEdX81F.jpeg

特別にテラス席をご用意頂きました!

shhOvdyd.jpeg

BRENDA特別メニュー!

5ifoO8pn.jpeg

18QsWbMF.jpeg

xfKwxmku.jpeg

HpvNe5mW.jpeg

M4WiFTSx.jpeg

デザートも2種類!チーズケーキ絶品でしたね~

SSIdbxYi.jpeg

xd3UPT-n.jpeg

帰りは40㎞をゆっくり全員無事に完走!楽しい1日をありがとうございました。

YFrSEIXp.jpeg

BRENDAでは講習会やライドイベントを開催しています。→BRENDAイベント情報

どなたでもご参加頂けますので、ぜひご活用ください。



6月1日(土)営業時間変更のお知らせ

いつも仙台泉店をご利用いただきありがとうございます。

6月1日(土)はサイクリングイベントの為、14時OPENとなります。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。



次世代のコンポーネント、SRAM RED ETAP AXS!

こんにちは、今日はSRAM RED ETAP AXSについてご紹介します。

12速、無線変速、DISCブレーキ、パワーメーター、上面が平なチェーンなどなど最新のトレンドを全部載せしたようなSRAMの最新コンポーネントを500km(VENGE ETAPにて)ほど使ってみての感想と合わせてお届けします!

DSC_0085

まず見た目ですがメカメカしさに溢れておりとてもかっこいいですね!見た目も重要です 笑

DSC_0236DSC_0239DSC_0238

そして何と言っても無線です。ポンと付けて電源を入れればとりあえず動きます (笑)何度組み立てしても毎回感動しますね。無駄な配線などもないので非常にスッキリ!ちなみに組み付けが無線ということは調整も無線です。AXSボタンというボタンがあるのですがそれを押しながら変速調整をします。何とも不思議な感覚です!

DSC_0240

VENGEだとブレーキホースも収納されるためこんな感じに!シンプルでかっこいいですね!

DSC_0244 DSC_0242

無線のためそれぞれがバッテリーを積んでいますが、バッテリーは前後共通!後ろのギアが動かなくなっても、入れ替えれば後ろだけ動くようにもできます。取り付け、取り外しもワンタッチです。

ちなみに500kmほど走行していますがまだバッテリーは半分程残っています。スマホでもすぐに確認できるので充電はほとんど心配しなくていいいレベルです。ほとんどの方だと月に1回ぐらいで大丈夫なはずです!もちろん変速の回数や走行距離によって回数は変わってきます。

スクリーンショット-2019-02-06-25752 sramred2019-102

12速化にあたりトップ10Tを可能としたのが「XDRドライバー」と呼ばれる新しいフリーハブボディです。既に12速化しているMTB用EAGLEに採用された「XDドライバー」をベースにしたもので、トップ側を小径化した特殊形状で11T以下の歯数に対応。XDドライバー対応のリアハブをラインナップするブランドは数多く、変換キットを組み込めば多くのホイールをRED eTAP AXSに対応させることができます。

DSC_0254DSC_0264

RED eTAP AXSでもっとも目を引くのが、外周部が平らになった「フラットトップチェーン」ですが、12速化に伴って薄く(=軽く)なるチェーンの強度と耐久性を補うためのもので、加えてインナーリンクと抵抗低減のために大口径化されたチェーンピンには耐摩擦性能を増すハードクローム加工が施されており、変速性能、耐久性、静かで滑らかな駆動を両立しています。

私自身乗っていて1番驚くのがチェーンノイズの少なさです、驚くほど静かで、チェーンが刃にたいして面で食いついているような踏み心地はシマノとは全然違います。変速をせずただペダルを漕ぐだけで分かる大きな違いですね。

DSC_0252

専用のミッシングリンクも用意されています。

 rd-red-e-d1blackdampercutaway3qm

基本的な構造は11速から引き継いでいるRED eTAP AXSですが、その中でも変速システムを司るリアディレイラーは大きな進化を果たしています。本体内に内蔵された油圧ダンパーを軸とするOrbit(オービット)と名付けられたモーションコントロールシステムを搭載したことが一番の進化です。油圧式を採用したことでこれまで以上に緻密かつスムーズなチェーンテンションのコントロールを可能とし、チェーン暴れを抑えることで素早く確実な変速操作を叶えました。オフロード走行を踏まえた1xコンポーネントや、MTBコンポーネントに採用されてきたシステムを改良してロードにも適応するのはまさにSRAMらしさですね。

モーターやシフトボタンとの通信システムにもアップデートが加えられ、変速スピード自体にも磨きがかっています。リアもフロントもこれまで以上にスムーズでストレスの少ない変速が可能です。無線でここまできたかという感じですね。

DSC_0255DSC_0063

削り出しの一体構造を引き継ぐカセットは、それぞれロー側の歯数差を大きくしたユニークな設定によってトップ側のクロスレシオ化を可能に。10-33でも10-11-12-13-14-15と5段に渡って1T刻みが確保され、変速性能の向上やより細やかなケイデンス調整が可能になります。

スクリーンショット-2019-02-06-13610-1

従来のギアに比べワイドレンジ化しておりスプロケットを変えずに高速域から急な坂まで対応します。

スクリーンショット-2019-02-06-13621

VENGEに初めから付いてくるのは48-35のチェーンリングと10-33のスプロケットでした。これが意味するのはギア比4.8~1.06までをカバーできることであり、従来の53-11のギアと34-32のギアを併せ持つということです。それでいてトップ側は細かくシフトチェンジできるのでレースからロングライドまでほぼ全てをカバーしているといっても過言ではないです。

DSC_0238

12速化によって11速比でそれぞれ20%以上のワイドレンジ化を遂げ、それに伴い3種類のカセットで従来5種類用意されていた範囲をカバーする。従来の11-30と11-32はロングケージのWiFLiディレイラーを使う必要があったが、新型REDのリアディレイラーは1種類のみで全新型カセットに対応。DSC_0052

変速ポイントを工夫し徹底的に変速性能が向上しています。特にフロントは歯数差が少なくなることもありかなりスムーズに!

DSC_0096

クランクと同時開発された新型パワーメーターが「DZero」です。測定回路やひずみゲージのアップデート、そしてソフトウェアの進歩を経て計測精度を±1.5%の範囲に納めることに成功。左右それぞれのパワーデータを計測可能であり、重量はわずか36gと現在市場に存在するパワーメーターの中でも最軽量の部類に入ります。この重量で両足計測のパワー計が付くのは驚異的と言えます。GARMINのvectorからこのパワー計に変えて使用していますが計測精度はほとんど変わりません実用に十分な精度になっております。

image2

校正はサイコンもしくはスマホで可能です、数秒で終わるのでとても便利!

image1 image3

RED ETAP AXS(アクセス)、今回のNEW REDで名前のアクセスの由来になっている通りスマホでライダー自身が様々な設定をカスタマイズできるようになっています。ボタンの配置や、リアの操作に応じてフロントが自動で変速するシーケンシャルモードなどへの変更もワンタッチで可能です。もちろん電池残量の確認も可能です!

1種類となったリアディレイラーや、一つのクランクでありとあらゆるチェーンリングを組み合わせるダイレクトマウント、そして統合的なコンポーネントシステムなど、RED eTAP AXSはスラムの特徴である合理性を可能な限り追求したコンポーネントと言えます。

実際に使用しそのシンプルでありながら洗練されたシステムを体験すると他には戻れないなと思わされるほどです。

DSC_0083DSC_0262

店頭にはVENGE ETAP AXSを試乗車として置いてありますので、スラムってどうなの?12速って何が凄いの?という方は是非一度ご体感ください!

94420-02_ROUBAIX-SW-ETAP-CARB-TARBLK-BLKCRY_HERO.psd

ちなみに小ネタですが、2020モデルのNEW S-WORKS ROUBAIXはSHIMANO Di2モデルもSRAM RED eTAP AXSモデルも¥1,150,000+taxですが、Di2版にはパワーメーターは付いてこないですがAXSモデルにはパワーメーターが標準で付いてきます!パワーメーターを別体で買おうとするとモノにもよりますが両足計測で10万円以上するものがほとんど、、そう考えるとかなりお得と言えますね。

 



世界限定500台!S-WORKS SHIV DISC Di2 LTD入荷!

こんにちは、ついに世界限定500台のS-WORKS SHIV LTD が入荷しました。

DSC_8455

S-WORKS SHIV DISC Di2 LTD   ¥1,350,000+tax

アイアンマンの聖地コナでの最速タイム更新を目標に開発された、スペシャライズドのトライアスロンバイク「SHIV(シブ)」。UCI規定に縛られずひたすらにエアロダイナミクスを追求した、戦闘機とも言うべき迫力になっています。

DSC_8456DSC_8463

開発に当たってのキーワードは、初代から引き続きAero(空力)、Fuel(給水)、Fit(フィット)の3つ。エアロダイナミクスを最大化しトライアスロンレースで勝利するスピードを追求しつつ、長時間の競技を完走するための給水・補給を可能とするストレージを備え、Retulのフィットデータに基づく快適で速いポジションを可能とするハイパフォーマンスマシンに仕上がっています。

DSC_8457DSC_8459

フレームと統合された補給用ストレージ「Fuelcell」。エアロ形状のシートチューブ裏に隠れるように装備されたドリンク用のFuelcellは約1.5Lの容量を持ち、コックピット部分へ繋がるホースからすばやく飲むことが可能。ダウンチューブ内には補給食用のストレージスペースを設け、エナジーバーなら4~5本、ジェルなら10本以上も入る容量になっています!ボトルやジェルをフレーム外に付加する必要がなくなり、空気抵抗を減らすことができます。

DSC_8467DSC_8469

専用のエアロベースバーは上下3段階のポジションから選択が可能。空気抵抗低減のためトップチューブ直上から1本の台座のみで取り付けされるDHバーは、115mm分の高さと好みのリーチに調整でき、各ライダーにマッチしたポジションを実現できます。また輪行時はベースバーを折り畳むことができ、数本のボルトを緩めるだけで輪行モードにできるようになっています。

image1

世界500台のうち、BRENDAには3台が入荷。内2台は先行予約分ですが、Sサイズのフリー在庫が1台ございます!見る角度によって角度の変わるカメレオンカラーと専用のバイクケースがつくのは今回の限定版のみです!新型SHIVが気になっているトライアスリートのみなさん、興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。貴重な初回限定モデル、1台のみです!

 



調整機能が付いたおすすめボトルケージ!トピーク モジュラーケージ

ボトルの太さによってホールド感を調整できる画期的なボトルケージがトピークのモジュラーケージです。市販のペットボトルから自転車用ボトルまで幅広く対応。さらに新色のブラックカラー登場でどんな車体にも合わせやすくなっています。

トピーク モジュラーケージⅡ

¥1,274(税込)

DSC_0223

ワンタッチで幅調整可能です。

DSC_0217DSC_0215

路面からの振動が大きいときは、ボルトを回すと保持力の調整もできます。

DSC_0218

フレームカラーやボトルデザインを邪魔しないシンプルなブラックカラーのボトルケージです。

DSC_0220

重量は実測約72g。軽いですね。

DSC_0225

ブレンダで自転車ご購入の方はアクセサリーの取り付け工賃が無料なので、お気軽にスタッフまで!



2019年モデルS-WORKS ROUBAIX特別価格セール!

2020年モデルでフルモデルチェンジをして改めてルーベの快適さが注目されておりますが、旧型ROUBAIXのセールも見逃せません!この価格でS-WORKSが!!という価格でご提案です。メーカー在庫限りとなりますので、お早めにどうぞ。特にカメレオンカラーは残り数本ずつとなります。

 

S-WORKS ROUBAIX フレームセット

¥330,740(税抜)→¥267,900(税抜)

Gloss Tarmac Black/Chameleon Edge Fade/Rocket Red Clean

メーカー在庫サイズ;49,52,54,56,58

74418-02_RBX_SW-FRMSET_TARBLK-CMLN-RKTRED_HERO[1]

CARBON / ROCKET RED / KOOL SILVER

メーカー在庫サイズ;49,52,54

157967

さらに!BRENDAオリジナル完成車のご提案です。

油圧アルテグラを採用した完成車を組み立て工賃込み435,000円(税抜)からご提案可能です。

電動アルテグラやCL50 DISCなどカーボンホイールをアッセンブルした完成車のご相談もぜひ!

詳しくはスタッフまでどうぞ!

1 / 3512...最後 »

Brenda

【BRENDA -ブレンダ- 仙台泉店】

BRENDA仙台泉店は、米国にてトレックと人気を二分する総合スポーツバイクメーカー「SPECIALIZED(スペシャライズド)」を中心とした人気ブランドを取り扱うショップです。試乗をして頂いたり、サイズフィッティングをしたりと『見て』『体感して』自転車を選んで頂けます。初めての方も大歓迎です!気軽に相談できるスタッフがお待ちしておりますので、安心してご来店ください。

〒981-3103 宮城県仙台市泉区山の寺1-1-13
TEL:022-779-5201

アクセス