BRENDA仙台南店スタッフブログ



【新製品情報】ボントレガー XXX VR-C ロードハンドルバー

ヒルクライムシーズン真っ最中、続々と新製品情報も追加されていきますがまたまた軽量アイテムのニュースです!

しばらく単品販売から遠ざかっていたボントレガー最軽量ロードハンドルが復活です。

09833_B_1_XXX_VR_C_Handlebar

Bontrager XXX VR-C Road ¥39,900(税込)

形状はVR-C(可変半径コンパクト)で、どこを握っても手首の負担が少なくレバーの操作がしやすいボントレガー中最も定番の形状。

気になる重量は、通常の標準アルミハンドルが300g台に対して400mm幅(C-C)で173gとかなりの軽量さ!それでいてDHバーも取り付け可能な剛性と耐久性を兼ね備えたボントレガーのカーボン技術OCLV製です。

発売は6月上旬予定です、ヒルクライムに限らずロードバイクやトライアスロンのアップグレードにぜひどうぞ!

11289_B_1_XXX_Aero_Handlebar

Bontrager XXX VR-CF Aero Road ¥39,900(税込)

こちらは好評発売中のエアロ形状に特化したタイプです、とにかくカッコいいの一言に尽きます!

 

まだまだあります、ボントレガーの軽量カーボンアイテム!

ステム一体型は更に軽い!→ボントレガー「XXX Integrated Bar/Stem」ステムハンドル一体型で超軽量!

IMG_2092

軽量サドルもハイクオリティー!→新製品情報!ボントレガー史上最軽量“68g”のサドル「XXX Carbon」

IMG_2220




TREK-Segafredo キャップ・グローブ・ソックス・ベストが入荷!

先日のチームジャージ入荷から時間差でトレックセガフレード小物も到着しました!

こちらの小物類も信頼のイタリアウェアブランド「スポーツフル」社製です。

IMG_2208

左上 TREK-Segafredo プロサイクリングキャップ ¥2,376(税込)

右上 TREK-Segafredo ポディウムキャップ ¥4,536(税込)

左下 TREK-Segafredo プロ2.5ソックス ¥2,160(税込)

右下 TREK-Segafredo プロレースグローブ ¥5,400(税込)

IMG_2213

ジャケットまではいらない微妙な気温の季節に活躍してくれるのが防風ベスト。一枚あると便利、一度使うとやめられなくなる人も多いです。

TREK-Segafredo ウィンドベスト ¥13,500(税込)

IMG_2217

どれも今回入荷分でメーカー完売の貴重なアイテムです、お早めにどうぞ!!

チームジャージと合わせてぜひどうぞ!→トレックセガフレード レプリカチームジャージ入荷です!




イベント・レースやロングライドの必需品!補給食のご紹介

こんにちは、蔵王町で行われるヒルクライムレースはもちろんのこと、今週末は全国各地でレースやサイクリングイベントが多数開催されますね。大会を控え、レース前に自転車の点検でいらっしゃるお客様でブレンダは連日にぎわっています。自転車と体調の準備と共に補給食の準備は大丈夫でしょうか?今回は補給食にスポットを当ててご紹介したいと思います。

IMG_2187

「そもそも、補給食とは?」

簡単に言うとレース中やレースの直前などに食べる、ちょっとしたおやつを指します。スポーツサイクルって結構お腹すきますよね?コンビニのおむすびや菓子パンですと、消化してエネルギーに変わるまで時間がかかるのとお腹に響く事が予想されますので、燃料補給に専用の補給食がレースやイベント会場では大変重宝されるんです。ひとくちに補給食と言ってもタイプもさまざまです。

IMG_2204 (2)

井村屋 スポーツようかんプラス ¥108(税込) チョコレートようかん(煉 抹茶) ¥130(税込)

あずきバーなどでお馴染みの井村屋さんがスポーツ向けに開発した羊羹シリーズ。もちろん味は折り紙付きの美味しさです。特に写真左のスポーツようかんプラスはパッケージの通り片手で押すだけで羊羹が食べれる優れもの。2つの味から選べるのチョコレートようかん(抹茶×ホワイトチョコの抹茶味 カカオマス×ココアパウダーの抹茶味)も和洋折衷のおいしさで人気がありますよ。

IMG_2196

マグオン エナジージェル(左から レモン アップル グレープフルーツ ウメ) ¥302(税込)

カロリーもさることながら、汗と共に流れ出るミネラル類・マグネシウムを補給できるのがコチラ。マグネシウムが不足すると、足がつる原因にも繋がりますので、足つり対策のお守りとして選ばれています。フレーバーが4種類あり、甘さがしつこくないので長丁場のレースに味を変えて持っていくのに◎です。

IMG_2201

パワースポーツ トップスピード ¥616(税込)

この補給食を一言で表すならば“起爆剤”、脂肪をエネルギーや持久力に変えるスズメバチエキスとカフェイン入りのハチミツ味のジェルで、レース開始10分前に飲めば、お目目ぱっちりで体が温まり方や即戦力を実感できるはずです。ココ一番のレースに用いられることの多い、まさに決戦用補給食とも言うべき一品です。

 

ここで、食いしん坊スタッフ伯耆田のおススメ補給食の組み合わせはコチラ。

IMG_2192

最初にご紹介した、スポーツようかんプラスとマグオンウォーターゆず味、普段のおやつとしても大変美味しい井村屋のスポーツようかんプラスに、ほんのりゆず風味でスッキリさっぱりとした味が特徴のマグオンウォーターがベストマッチ。レース中でもスタート前でも“和の癒し”で和んでいただけること請け合いです。

用途や目的に合わせて、上手に補給食を摂取しましょう。ハンガーノック対策はもちろん、レースでもツーリングでも後半戦のパフォーマンスが変わってきますよ!!




仙台空港方面にサイクリング!話題のフォトスポットとグルメを求めて…

こんにちは、仙台南店の伯耆田です。

先日のお休みの日に名取市と岩沼市の境にある仙台国際空港方面へサイクリングへと出かけました。

IMG_0181

ブレンダ仙台南店から片道15キロ程度、おまけに一部を除きほとんど平坦な道のりなのでクロスバイクやロードバイク初心者の方でも行きやすいかと思います。今回、仙台空港方面を訪れたのには訳がありまして…

IMG_0165

そうです、「飛行機×菜の花」のコラボ!この時期、仙台空港周辺に広がる菜の花畑が見ごろを迎えているという事で写真を撮りに行ってきました!

IMG_0156 (2)

見方によっては、まるで菜の花畑に飛行機が離着陸するかのように見えるポイントもあり私のカメラの腕前ではこの迫力や臨場感をお伝えできないのは不徳の致すところですが、非常にフォトジェニックなスポットでした。

そろそろ時刻はお昼時、「ああ、事前にサンドイッチを買って菜の花畑で食べればよかった。」っとメルヘンな事を思いながら鼻を利かせてグルメスポットを探す私、帰り道にあった空港ほど近くのラーメン屋さんに入ってみました。

IMG_0185

お店の名の通り、ねぎラーメンでも注文しようかと思っていた矢先、他の常連さんらしき方々が挙って野菜ラーメンを注文していたので私も連られて野菜ラーメンをオーダーしてみました。

IMG_0184

ニンニクのパンチが効いた香ばしい肉野菜炒めがどっさり乗った栄養満点のとんこつラーメン、聞けば、近くの工業団地で働く方や空港関係のお仕事されている方々の胃袋を支えているお店だそうで、元気がモリモリ出てきました。ご馳走様でした。

食後は名取市美田園の閖上さいかい市場へ。

IMG_0187

コチラでは、元々閖上で商売されていたお店自慢の海産物やグルメが楽しめる仮設商店街だそうですが、ねぎっこラーメンさんの満腹フルコースをいただいた直後でしたので岩手県のご当地サイダーで小休憩。

IMG_0192

サイダーの中でも炭酸が強い部類の物でしたので、常温でも十分おいしかったです。次回お邪魔した際には海の幸を頂こうかと思います。

という事で、何かと透明性が求められるこの現代社会に於いて、頑なに消費カロリーと摂取カロリーの公表を控え続ける伯耆田の休日ライドでした。今回のサイクリングも非常においしゅうございました。

 

ブレンダでは宮城県内のサイクリングスポットをご紹介しています→スタッフおすすめのサイクリングスポットはコチラ

 

 




ボントレガー「XXX Integrated Bar/Stem」ステムハンドル一体型で超軽量!

蔵王ヒルクライムも間近に迫ってきましたが、先日発表の68gサドルに引き続き軽量化アイテムまだまだあります!

今回は見た目もカッコいい、ステム一体型の超軽量カーボンハンドルバー「XXXインテグレイテッドバーステム」をご紹介です。

IMG_2086

BONTRAGER XXX Integrated Bar/Stem ¥69,900(税込)

一体型なのでサイズはハンドル幅とステム長を合わせて選んでいきます。400mm/90・100mm、420mm/90・100・110mmの5サイズ展開。気になる重量はというと、一般的な標準装備のアルミハンドルとステムで500g前後に対して400mm/90mmサイズで218g!大げさではなくこれ単体では持っている感じがしないほどです。

IMG_20881

ドロップハンドルの形状はボントレガーでもイチオシの「VR-CF」(可変半径コンパクトフレア)で、寸法はドロップ123mmリーチ93mm。訳すと難しいですが、どこを持っても握りやすくレバーも使いやすく手首に負担がかからないように円の形状を複雑に変えている、というわけです。

IMG_2090

細かいところも高い精度が行き届いています。クランプ部は段差がつけられていて、上にスペーサーが無くてもステアリングコラムを安全にしっかり固定できるように。割りの部分も斜めになっていてカーボンコラムにも負担がかからないように適切な固定力が出せるようになっています。

IMG_2102

ステムとハンドルは文字通り一体成型、継ぎ目もなく美しいシルエットに。トレックが誇るカーボン技術「OCLV」100%構造で強度や耐久性も安心です。

ここにもある「BLENDR」マーク、このハンドルにも様々なアクセサリーがマウントできるブレンダーシステムが採用されています。

IMG_2092

専用のベースマウントをハンドル先端に直接ボルト止め。ボントレガーのライトとコンピューターマウントは標準装備に、ガーミンやGOPROマウントもオプションで用意されています。性能だけではなく利便性もしっかり考えられてるのはさすがボントレガーです。

IMG_2099

ヒルクライムの軽量化はもちろん、愛車のグレードアップやドレスアップにぜひどうぞ!

サドルの新製品情報もチェック!→ボントレガー史上最軽量“68g”のサドル「XXX Carbon」




トレック 2017年 EMONDA ALR5(エモンダALR5) 軽量アルミロードの決定版!

発売以降、高スペックなアルミロードバイクとして、各方面から常に高い評価を受け続けているEMONDA ALR5をご紹介します!

IMG_2147

TREK EMONDA ALR5 189,000円(税込)

まず、この自転車を一言で表すと「軽く美しい」という事、なんとフレーム単体で1キロを切ります。フレームのパイプを繋ぐ溶接のキレイさにも驚かされます。

IMG_2135

「これカーボンバイクですか?」と間違われるほどの美しい溶接処理、インビジブル・テクノロジーと言って、こう見えてフレームに2度の溶接を、このバイクの為に研究開発したALPHA300アルミニウムに施し余計な溶接跡を整えているので美しいフォルムに仕上がっています。

UCI(国際自転車競技連合)の基準をクリアしているので、“その気があれば“国際レースに対応させる事だって可能です。

IMG_2129

ヘッドセットのステアリングには上下に大きさの違うベアリングを搭載したのe2ヘッドチューブを採用、これにより高速巡行時や下り坂でスピードが出た際にも思いのままにハンドリングを操作することができます。

IMG_2168

デュオトラップセンサー対応で、サイクルコンピューターのセンサーを内蔵すれば1か所でスピートとケイデンス(ペダルの回転数)を測定可能、ANT+とBluetoothでスマートフォンや他社サイクルコンピューターにも幅広く対応しています。

IMG_2124

そんな軽くてしっかりしたフレームにシマノ105 2×11段ギアが軽いタッチでキビキビした変速を約束します。

IMG_2115

ブレーキもシマノ105キャリパーが標準装備。大切なブレーキだからこそコストダウンの妥協を許さない本格派仕様となっています。

IMG_2138

サドルにはボントレガーのモントローズサドルを採用、程よいクッション性と穴あきタイプで、デリケートな部分に痛みやしびれが出にくい人間工学に基づいたサドルです。

IMG_2154

タイヤは主流のちょっと太め700×25Cサイズを採用、このサイズのまま乗るのも良し、慣れてきたら少し細身のタイヤに交換するのもGOOD、ホイールにはボントレガーのTLRホイールで、このTLRとはチューブレスレディの略。つまり別売りのキットを装着すればチューブレス化する事が出来る“伸びしろ”を秘めています。

IMG_2117

他社ではマネ出来ない、トレックの技術を結集させたちょっとリッチなアルミバイクが、ロードレースやヒルクライム、ロングライド等あなたの“可能性”や“伸びしろ”にもキチンと応えてくれる事でしょう。試乗車をご用意していますので是非店頭でご確認ください。

大変お得な、初めてのロードバイク応援キャンペーンも5月12日(金)までとなっています。

初めてのロードバイク応援キャンペーンの詳細はコチラをチェック→2大特典!初めてのロードバイク応援キャンペーン

ビビッときた方、お早目にご検討の上ご来店ください。

 

 トレックの人気アルミロードバイク2種類を乗り比べ!試乗車情報もチェックしてみてくだい。→エモンダALRとドマーネALR試乗車情報ページ




トレック ZEKTOR3(ゼクター3) マルチでアグレッシブなクロスバイク!

2017年モデルから新登場したクロスバイク、ZEKTOR(ゼクター)シリーズ。元々のコンセプトでもある通勤通学用としてはもちろん、そのスタイリッシュなデザインと走行性能で注目度も高くなっています。

今回はデザイン鮮やか、スペック充実のゼクター3をご紹介です!

IMG_2065

TREK 2017-2018 ZEKTOR 3 ¥99,360(税込)

ゼクターシリーズの特徴は、高すぎずゆったりすぎないハンドルポジション、舗装路で使いやすいギア比のロード用コンポーネント、そして制動力とコントロール性の高い油圧式ディスクブレーキ搭載、という従来のクロスバイクとは性能もイメージも一味違うテイスト。

IMG_2048

ゼクター3は濃いめのグレーがツヤ有りとツヤ無しのツートンに、そして差し色に蛍光グリーンと、今までクロスバイクにはあまりなかったクールな配色とデザインも人気の理由です。

IMG_2059

ロード用コンポーネントのシフトレバーは操作感もメカメカしく軽快、指になじむ形状でタッチも快適。油圧式ブレーキのレバーは少ない力で大きな制動力が出せるので微調整がしやすくバイクのコントロール性が格段に上がります。

IMG_2052

こちらは目を引くディスクブレーキ部分。急な下り坂でも雨の日でも抜群の制動力を発揮してくれるので安全で安心。使い方にもよりますがブレーキパッドは意外に長持ちもします。

IMG_2055

駆動系コンポーネントはロード用のシマノSORA(ソラ)をベースに、クランクは重すぎず軽すぎずオンロードで使いやすい48/32のフロントギアに。高い変速性能と使いやすいギア比でついついスピードも上がってしまいそうです。

IMG_2053

タイヤはボントレガー最高クラスの耐パンク性と耐久性を兼ね備えたタイプで、雨の日でもスリップしにくいように溝有りに。サイドには反射素材も付いていて安全性もアップ。700×32Cは段差のクッション性も備えながら軽快な走りのちょうどいいサイズです。

IMG_2066

開発力の高いトレックならではのいいところも。グリップは疲れやしびれを軽減してくれる人間工学に基づいたエルゴ形状、握り心地最高です。ボルト止めするロックオンタイプなので回ってしまうことも少なくなります。

IMG_2050

左のチェーンステーにはトレックの便利な機能のデュオトラップマウントも。フレームにサイクルコンピューターのセンサーを内蔵して見た目もスッキリ、位置がずれて読み取らないなんてことも防いでくれます。ANT+とBluetoothでスマートフォンにも対応、一か所でスピードとケイデンス(ペダルの回転数)の両方がとれます。

IMG_2070

こちらもトレックのほとんどの車種に採用されるようになったブレンダーシステム、ステム中央の溝に専用のアダプターを差し込みます。ライトやベルやコンピューターやスマートフォンホルダーなどなどハンドル回りにはつけたいものがいろいろですが、

IMG_2073

このようにハンドルの中央部分にアクセサリーを持ってこられるからスッキリ。トレック純正のライトとコンピューターがつけられるマウントがもれなく付属、オプションでガーミンのEDGEシリーズやGOPROまでいけるマウントもあります。

IMG_2076

通勤通学もフィットネスもサイクリングも幅広く活躍してくれるゼクターシリーズ、初めてのクロスバイクにもおススメです。

価格を抑えたグレード違いのゼクター2も人気です!→アグレッシブに走れるクロスバイク トレック ZEKTOR2(ゼクター2)

クロスバイクの定番FXシリーズもおススメです!→TREK(トレック) FX3 2018年モデル 人気実力No1クロスバイクのニューモデル!




新製品情報!ボントレガー史上最軽量“68g”のサドル「XXX Carbon」

最先端のテクノロジー、ハイクオリティー、デザイン性、便利・・・などなどいいところがたくさんのトレック純正パーツメーカーとしてお馴染みのボントレガー。

今回はそのボントレガー史上最軽量“68g”のサドル「XXXカーボンロードサドル」が新登場です!

fileforward1

BONTRAGER  XXX Carbon Road Saddle ¥59,000(税込)

 長年養ってきた高いカーボン技術と、耐久性や安全性が約束できるように体重制限のあるような過度な製品は作らない、信頼性の高いボントレガーが作る最軽量サドルだからいいのは間違いありません。

こちら初回少量ですがすでにメーカー入荷済みです、蔵王ヒルクライムにも間に合いますので気になる方はぜひご予約を!

IMG_2220

IMG_2223

IMG_2176

IMG_2177

【主な特徴】
・ボントレガー史上最軽量となる68g
・人間工学のアプローチにより、ライダーの動きを最適化し、高いパフォーマンスをサポートするinForm BioDynamic
・高品質の素材や樹脂を採用し、業界最先端のアメリカ本社工場にて製造されたOCLVカーボン製
・カットアウトデザインで、軟組織の負担を和らげるContour Relief Zone Plus(CRZ+)採用
・超軽量で丈夫なオーバーサイズのカーボンレール(7x10mmのヤグラが必要)




トレックセガフレード レプリカチームジャージ入荷です!

プロレースも本番に入り絶賛活躍中のトレック-セガフレードチーム、そのレプリカチームジャージが入荷しました!

Kramon_MilanoSanremo2017_1186

Sportful Trek-Segafredo Replica Men’s Jersey ¥10,000(税込)

Sportful Trek-Segafredo Replica Men’s Bib Shorts ¥12,500(税込)

今期は数々のプロチームにウェアを供給する「スポーツフル」製になりました。

IMG_2027

メインはこのレッド×ブラックカラー。レプリカなのでセミタイトフィットできつ過ぎず緩すぎずの絶妙なサイズ感はさすがスポーツフル。ちなみにモデルの小林はMサイズ着用です。

IMG_2035

こちらは蛍光色のVisibility Yellow(ビジビリティーイエロー)仕様。日本でのレースでも選手全員が着ていたのが印象的でしたね。

IMG_2036

選手も練習中の安全性を高めるため、今期はこのカラーをトレーニング用として使用することも決まっています。デイライト(日中のライト点灯)も選手含めトレック全体ですっかり定着しました。

安全なサイクリングを楽しむために→トレックがすべてのサイクリストに贈る「ABCコンセプト」とは?

Jasper Stuyven in  Trek High Visibility apparel photoshoot  by Kristof Ramon

ジャージだけでなく、アルミロードバイクのEmonda ALR(エモンダALR)とDomane ALR(ドマーネALR)にもチームレプリカカラーがあってこちらも人気です。

エモンダとドマーネの乗り比べができます!→ブレンダ仙台南店試乗車情報ページ

IMG_2046

お得なキャンペーンも開催中です!→トレック初めてのロードバイク応援キャンペーン5月12日まで 

チームモデルのキャップ、ソックス、グローブなどの小物は5月中旬の入荷を予定しています、こちらもお楽しみに!




保冷力4倍しかも飲みやすい!キャメルバック「ポディウムアイスボトル」

春本番、サイクリング中の水分補給が大切な季節がやってきました。

身体に吸収しやすい冷えた状態を長く維持できる保冷ボトルの進化版がこちら「ポディウムアイス」です!

IMG_1984

CAMELBAK  PODIUM ICE  21oz(0.62L) ¥3,880(税込)

 使いやすさと飲みやすさですっかりサイクルボトルの定番になったキャメルバック。「4X」と書いてあるように、中でもこのアイスは一般的な保冷ボトルの4倍の保冷力を誇ります。その秘密は・・・

IMG_1982

2重構造に加え、間に高密度多孔質のエアロゲルを断熱材として使用。飲みやすいように柔らかい握り心地は維持しながら保冷力が格段にアップ!なんと冷凍も可能で、更に冷たい飲み物を楽しむことも。これはサイクリング前日から冷凍庫へイン!ですね♪

IMG_2024

もうひとつの特徴が撮るのが難しかったこの画像、「ジェットバルブ」。シリコン製の弁でボトルを押したり吸ったりすると開いて乗車中はしっかり止水。飲み口の開閉の手間が省け漏れを気にすることもなくなります。

IMG_2007

匂いや味移りを抑える特殊加工と抗菌素材に抜群の保冷機能で快適な給水が可能なこのポディウムアイス、ぜひ一度お試しください!

ブレンダオリジナルボトルもあります♪→BRENDAオリジナルボトル&ツールケース



Brenda店舗写真

【BRENDA -ブレンダ- 】

米国最大の自転車メーカー『TREK(トレック)』を中心とした人気ブランドを取り扱うショップです。約60坪の広々とした店内に、スポーツ自転車を約50台展示しております。試乗をして頂いたり、サイズフィッティングをしたりと『見て』『体感して』自転車を選んで頂けます。初めての方も大歓迎です!気軽に相談できるスタッフがお待ちしておりますので、安心してご来店ください。

〒981-1106 宮城県仙台市太白区柳生2-5-2
TEL022-797-7739

アクセス