BRENDA仙台南店スタッフブログ



ボントレガーのヘルメットは安心の破損時交換保証付き!

トレックの信頼性の高さのひとつである「フレームの生涯補償」はよく知られていますが、純正のパーツメーカー「ボントレガー」にも安心の保証制度があるのはご存知でしょうか?

crash

そのひとつが「ヘルメット・クラッシュリプレイスメント・プログラム」。ボントレガーのヘルメットは1年以内の破損なら新品に無償交換いたします、という保証プログラム。

転倒や事故などでヘルメットが衝撃を受けた際、目視だけでは製品の安全性を確認できない場合があります。お客様に確実な安全をお届けするために、ボントレガーは購入後1年以内に限り自損他損の理由問わずヘルメット損傷の際は新品に無償交換いたします、という内容です。

IMG_2311

ヘルメットは発砲材部分が割れることで衝撃を吸収してくれる構造ですが、転倒や事故の時に目に見えない部分でダメージがあると本来の保護性能が落ちている危険性が十分あります。一見だいじょうぶそうだから、と使い続けてしまいそうですがこの保証があれば安心ですよね。

そんなボントレガーヘルメットをご紹介です。

空力性能も通気性も兼ね備えた究極のエアロロードヘルメットがこの「バリスタ」。とある研究機関ではエアロ効果の最高評価も受けています。日本人の頭の形でもかぶりやすいアジアフィット。

IMG_2318

BONTRAGER Ballista MIPS Asia Fit ¥25,000(税込)

ミドルグレードの「サーキット」は大きめのベンチレーション(通気孔)で通気性がよくロングライドでも快適。同じくアジアフィットでかぶりやすく、フィット感とデザインと価格で一番人気です。

IMG_2320

BONTRAGER Circuit MIPS Asia Fit ¥16,900(税込)

女性用もあります。マットブラックにピンクのワンポイントでシャープさと女性らしさを兼ね備えたデザインに。選びやすい「サーキット」と「スターボス」の2グレード展開です。

IMG_2328

BONTRAGER Circuit MIPS Asia Fit Women’s ¥16,900(税込)

BONTRAGER Starvos MIPS Women’s ¥11,900(税込)

モデル名についている「MIPS」(ミップス)とは脳にならった防護システムで、転倒時に頭に伝わる衝撃を低減させる安全技術。黄色のプレートがスライドして外層と内層がすべり合うことで斜めからの衝撃も和らげてくれます。これからのヘルメットのスタンダードになりつつあり、ほとんどのモデルに搭載されています。

IMG_2325

エントリーモデルももちろん保証対象です。「スターボス」はMとLに加えXLサイズまで展開ありでほとんどの方にフィット。エントリーモデルとは思えないルックスとフィット感で初めてのヘルメットにもおススメです。

IMG_2331

BONTRAGER Starvos ¥7,900(税込)

交換の際は購入時のレシートが必要になりますので大切に保管しておいてくださいね。

安全対策ならこちらも必見!→トレックがすべてのサイクリストに贈る「ABCコンセプト」とは?




MUSASHI(ムサシ)で体調を整えて快適サイクリングを!

各界のトップアスリートも愛用する高機能サプリメントで定評の「MUSASHI」(ムサシ)。

通常、食事で摂取したタンパク質は様々な分解ののちに吸収されるのですが、消化の必要ない即吸収しやすい分解されたフリーフォームのアミノ酸の形で生成されているためその即効性の高さがMUSASHIの最大の魅力となっています。

IMG_2278

こちらのスティックタイプは粉薬のように水と一緒に、1日1~2回飲むのがおススメです。

「エンデュランス」は、エネルギー源として脂肪が優先的に使われること、グリコーゲンの浪費を抑えること、酸素を運ぶヘモグロビンが不足しないこと、という持久的スポーツに必要なシステムをサポートする成分が多く含まれています。

IMG_2271

MUSASHI ENDURANCE (主成分:L-ヒスチジン、L-カルニチン、硫酸鉄)¥240(税込)

「ニー」はリカバリー作用の高いBCAAと呼ばれる3種のアミノ酸が主成分。ハードな運動後や翌日のイベント・レースに疲れを残さないように身体をリフレッシュさせてくれます。

IMG_2272

MUSASHI NI (主成分:L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン)¥205(税込)

「リプレニッシュ」は唯一水に溶かしてスポーツ中に飲む多機能パフォーマンスドリンク。エネルギー源としての4種類の糖質と、筋肉トラブルや集中力低下を防ぐといわれる成分を多く含み、運動中の最も重要な栄養素の「水分」が体内で最大限に生かされるようにデザインされています。

IMG_2269

MUSASHI REPLENISH (主成分:クエン酸、BCAA、L-グルタミン、塩化ナトリウム)¥238(税込)

これからのサイクリングシーズンにぜひお試しください。

IMG_2276

 その他にも補給食いろいろあります!→イベント・レースやロングライドの必需品!補給食のご紹介




着たほうが断然涼しい!高機能アンダーウェアのススメ。

いよいよ蒸し暑い季節に突入しますが、サイクルジャージの下ってどうされていますか?

今回はこれからの時期に活躍してくれる、機能的にも優れたアンダーウェアのご紹介です。

IMG_2241

上りのレースでジャージのジップを開けてアンダーウェアがチラッと見えて・・・こんなシーンを見かけたこともありますよね。プロの選手でも着用していることの多いアンダーウェア、着たほうがいい理由がたくさんあるんです。

Bauke Mollema on stage two of the 2016 Tour de Romandie

ウインタースポーツのアンダーウェアでも有名なスウェーデンのアパレルメーカー「CRAFT」(クラフト)が新たに入荷です。

 CRAFT ノースリーブ メッシュ スーパーライト ¥4,536

IMG_2255

アンダーウェアの秘密はこのメッシュ構造。汗を早く吸い取って乾かす吸汗速乾機能がとても高いことで、ウェアのベタつきを抑えて快適さを保ってくれます。

また吸汗速乾機能で体温の上昇を抑えてくれることで、身体のパフォーマンスを長く維持することが可能に。体温の上昇が少なくなることで結果着たほうが涼しく感じるというわけです。

IMG_2256

縫い目は肌に優しいようにシームレス処理が施されていて着心地も快適。煩わしさがないことでサイクリングにも集中できますね。

IMG_2262

高い品質で定評の日本のメーカー、パールイズミからも出ています。吸汗速乾性能に加え、伸縮性と抗菌防臭機能も特徴です。

PEARL IZUMI ノースリーブアンダー ¥4,644

IMG_2247

ボントレガーもあります。吸汗速乾機能はもちろん、ジップを開けたときのロゴがカッコいいですね。

BONTRAGER スリーブレス ベースレイヤー ¥5,500

IMG_2251

しまった感じならブラックで、白系ジャージの下に着るならホワイト、がおススメです。

アンダーウェアで夏も快適サイクリングをお楽しみください!!

 燃料補給も忘れずにどうぞ!→イベント・レースやロングライドの必需品!補給食のご紹介

冷たいドリンク飲むならこれ!→保冷力4倍しかも飲みやすい!キャメルバック「ポディウムアイスボトル」




【新製品情報】ボントレガー XXX VR-C ロードハンドルバー

ヒルクライムシーズン真っ最中、続々と新製品情報も追加されていきますがまたまた軽量アイテムのニュースです!

しばらく単品販売から遠ざかっていたボントレガー最軽量ロードハンドルが復活です。

09833_B_1_XXX_VR_C_Handlebar

Bontrager XXX VR-C Road ¥39,900(税込)

形状はVR-C(可変半径コンパクト)で、どこを握っても手首の負担が少なくレバーの操作がしやすいボントレガー中最も定番の形状。

気になる重量は、通常の標準アルミハンドルが300g台に対して400mm幅(C-C)で173gとかなりの軽量さ!それでいてDHバーも取り付け可能な剛性と耐久性を兼ね備えたボントレガーのカーボン技術OCLV製です。

発売は6月上旬予定です、ヒルクライムに限らずロードバイクやトライアスロンのアップグレードにぜひどうぞ!

11289_B_1_XXX_Aero_Handlebar

Bontrager XXX VR-CF Aero Road ¥39,900(税込)

こちらは好評発売中のエアロ形状に特化したタイプです、とにかくカッコいいの一言に尽きます!

 

まだまだあります、ボントレガーの軽量カーボンアイテム!

ステム一体型は更に軽い!→ボントレガー「XXX Integrated Bar/Stem」ステムハンドル一体型で超軽量!

IMG_2092

軽量サドルもハイクオリティー!→新製品情報!ボントレガー史上最軽量“68g”のサドル「XXX Carbon」

IMG_2220




TREK-Segafredo キャップ・グローブ・ソックス・ベストが入荷!

先日のチームジャージ入荷から時間差でトレックセガフレード小物も到着しました!

こちらの小物類も信頼のイタリアウェアブランド「スポーツフル」社製です。

IMG_2208

左上 TREK-Segafredo プロサイクリングキャップ ¥2,376(税込)

右上 TREK-Segafredo ポディウムキャップ ¥4,536(税込)

左下 TREK-Segafredo プロ2.5ソックス ¥2,160(税込)

右下 TREK-Segafredo プロレースグローブ ¥5,400(税込)

IMG_2213

ジャケットまではいらない微妙な気温の季節に活躍してくれるのが防風ベスト。一枚あると便利、一度使うとやめられなくなる人も多いです。

TREK-Segafredo ウィンドベスト ¥13,500(税込)

IMG_2217

どれも今回入荷分でメーカー完売の貴重なアイテムです、お早めにどうぞ!!

チームジャージと合わせてぜひどうぞ!→トレックセガフレード レプリカチームジャージ入荷です!




イベント・レースやロングライドの必需品!補給食のご紹介

こんにちは、蔵王町で行われるヒルクライムレースはもちろんのこと、今週末は全国各地でレースやサイクリングイベントが多数開催されますね。大会を控え、レース前に自転車の点検でいらっしゃるお客様でブレンダは連日にぎわっています。自転車と体調の準備と共に補給食の準備は大丈夫でしょうか?今回は補給食にスポットを当ててご紹介したいと思います。

IMG_2187

「そもそも、補給食とは?」

簡単に言うとレース中やレースの直前などに食べる、ちょっとしたおやつを指します。スポーツサイクルって結構お腹すきますよね?コンビニのおむすびや菓子パンですと、消化してエネルギーに変わるまで時間がかかるのとお腹に響く事が予想されますので、燃料補給に専用の補給食がレースやイベント会場では大変重宝されるんです。ひとくちに補給食と言ってもタイプもさまざまです。

IMG_2204 (2)

井村屋 スポーツようかんプラス ¥108(税込) チョコレートようかん(煉 抹茶) ¥130(税込)

あずきバーなどでお馴染みの井村屋さんがスポーツ向けに開発した羊羹シリーズ。もちろん味は折り紙付きの美味しさです。特に写真左のスポーツようかんプラスはパッケージの通り片手で押すだけで羊羹が食べれる優れもの。2つの味から選べるのチョコレートようかん(抹茶×ホワイトチョコの抹茶味 カカオマス×ココアパウダーの抹茶味)も和洋折衷のおいしさで人気がありますよ。

IMG_2196

マグオン エナジージェル(左から レモン アップル グレープフルーツ ウメ) ¥302(税込)

カロリーもさることながら、汗と共に流れ出るミネラル類・マグネシウムを補給できるのがコチラ。マグネシウムが不足すると、足がつる原因にも繋がりますので、足つり対策のお守りとして選ばれています。フレーバーが4種類あり、甘さがしつこくないので長丁場のレースに味を変えて持っていくのに◎です。

IMG_2201

パワースポーツ トップスピード ¥616(税込)

この補給食を一言で表すならば“起爆剤”、脂肪をエネルギーや持久力に変えるスズメバチエキスとカフェイン入りのハチミツ味のジェルで、レース開始10分前に飲めば、お目目ぱっちりで体が温まり方や即戦力を実感できるはずです。ココ一番のレースに用いられることの多い、まさに決戦用補給食とも言うべき一品です。

用途や目的に合わせて、上手に補給食を摂取しましょう。ハンガーノック対策はもちろん、レースでもツーリングでも後半戦のパフォーマンスが変わってきますよ!!




仙台空港方面にサイクリング!話題のフォトスポットとグルメを求めて…

こんにちは、仙台南店の伯耆田です。

先日のお休みの日に名取市と岩沼市の境にある仙台国際空港方面へサイクリングへと出かけました。

IMG_0181

ブレンダ仙台南店から片道15キロ程度、おまけに一部を除きほとんど平坦な道のりなのでクロスバイクやロードバイク初心者の方でも行きやすいかと思います。今回、仙台空港方面を訪れたのには訳がありまして…

IMG_0165

そうです、「飛行機×菜の花」のコラボ!この時期、仙台空港周辺に広がる菜の花畑が見ごろを迎えているという事で写真を撮りに行ってきました!

IMG_0156 (2)

見方によっては、まるで菜の花畑に飛行機が離着陸するかのように見えるポイントもあり私のカメラの腕前ではこの迫力や臨場感をお伝えできないのは不徳の致すところですが、非常にフォトジェニックなスポットでした。

そろそろ時刻はお昼時、「ああ、事前にサンドイッチを買って菜の花畑で食べればよかった。」っとメルヘンな事を思いながら鼻を利かせてグルメスポットを探す私、帰り道にあった空港ほど近くのラーメン屋さんに入ってみました。

IMG_0185

お店の名の通り、ねぎラーメンでも注文しようかと思っていた矢先、他の常連さんらしき方々が挙って野菜ラーメンを注文していたので私も連られて野菜ラーメンをオーダーしてみました。

IMG_0184

ニンニクのパンチが効いた香ばしい肉野菜炒めがどっさり乗った栄養満点のとんこつラーメン、聞けば、近くの工業団地で働く方や空港関係のお仕事されている方々の胃袋を支えているお店だそうで、元気がモリモリ出てきました。ご馳走様でした。

食後は名取市美田園の閖上さいかい市場へ。

IMG_0187

コチラでは、元々閖上で商売されていたお店自慢の海産物やグルメが楽しめる仮設商店街だそうですが、ねぎっこラーメンさんの満腹フルコースをいただいた直後でしたので岩手県のご当地サイダーで小休憩。

IMG_0192

サイダーの中でも炭酸が強い部類の物でしたので、常温でも十分おいしかったです。次回お邪魔した際には海の幸を頂こうかと思います。

という事で、何かと透明性が求められるこの現代社会に於いて、頑なに消費カロリーと摂取カロリーの公表を控え続ける伯耆田の休日ライドでした。今回のサイクリングも非常においしゅうございました。

 

ブレンダでは宮城県内のサイクリングスポットをご紹介しています→スタッフおすすめのサイクリングスポットはコチラ

 

 




ボントレガー「XXX Integrated Bar/Stem」ステムハンドル一体型で超軽量!

蔵王ヒルクライムも間近に迫ってきましたが、先日発表の68gサドルに引き続き軽量化アイテムまだまだあります!

今回は見た目もカッコいい、ステム一体型の超軽量カーボンハンドルバー「XXXインテグレイテッドバーステム」をご紹介です。

IMG_2086

BONTRAGER XXX Integrated Bar/Stem ¥69,900(税込)

一体型なのでサイズはハンドル幅とステム長を合わせて選んでいきます。400mm/90・100mm、420mm/90・100・110mmの5サイズ展開。気になる重量はというと、一般的な標準装備のアルミハンドルとステムで500g前後に対して400mm/90mmサイズで218g!大げさではなくこれ単体では持っている感じがしないほどです。

IMG_20881

ドロップハンドルの形状はボントレガーでもイチオシの「VR-CF」(可変半径コンパクトフレア)で、寸法はドロップ123mmリーチ93mm。訳すと難しいですが、どこを持っても握りやすくレバーも使いやすく手首に負担がかからないように円の形状を複雑に変えている、というわけです。

IMG_2090

細かいところも高い精度が行き届いています。クランプ部は段差がつけられていて、上にスペーサーが無くてもステアリングコラムを安全にしっかり固定できるように。割りの部分も斜めになっていてカーボンコラムにも負担がかからないように適切な固定力が出せるようになっています。

IMG_2102

ステムとハンドルは文字通り一体成型、継ぎ目もなく美しいシルエットに。トレックが誇るカーボン技術「OCLV」100%構造で強度や耐久性も安心です。

ここにもある「BLENDR」マーク、このハンドルにも様々なアクセサリーがマウントできるブレンダーシステムが採用されています。

IMG_2092

専用のベースマウントをハンドル先端に直接ボルト止め。ボントレガーのライトとコンピューターマウントは標準装備に、ガーミンやGOPROマウントもオプションで用意されています。性能だけではなく利便性もしっかり考えられてるのはさすがボントレガーです。

IMG_2099

ヒルクライムの軽量化はもちろん、愛車のグレードアップやドレスアップにぜひどうぞ!

サドルの新製品情報もチェック!→ボントレガー史上最軽量“68g”のサドル「XXX Carbon」




トレック 2017年 EMONDA ALR5(エモンダALR5) 軽量アルミロードの決定版!

発売以降、高スペックなアルミロードバイクとして、各方面から常に高い評価を受け続けているEMONDA ALR5をご紹介します!

IMG_2147

TREK EMONDA ALR5 189,000円(税込)

まず、この自転車を一言で表すと「軽く美しい」という事、なんとフレーム単体で1キロを切ります。フレームのパイプを繋ぐ溶接のキレイさにも驚かされます。

IMG_2135

「これカーボンバイクですか?」と間違われるほどの美しい溶接処理、インビジブル・テクノロジーと言って、こう見えてフレームに2度の溶接を、このバイクの為に研究開発したALPHA300アルミニウムに施し余計な溶接跡を整えているので美しいフォルムに仕上がっています。

UCI(国際自転車競技連合)の基準をクリアしているので、“その気があれば“国際レースに対応させる事だって可能です。

IMG_2129

ヘッドセットのステアリングには上下に大きさの違うベアリングを搭載したのe2ヘッドチューブを採用、これにより高速巡行時や下り坂でスピードが出た際にも思いのままにハンドリングを操作することができます。

IMG_2168

デュオトラップセンサー対応で、サイクルコンピューターのセンサーを内蔵すれば1か所でスピートとケイデンス(ペダルの回転数)を測定可能、ANT+とBluetoothでスマートフォンや他社サイクルコンピューターにも幅広く対応しています。

IMG_2124

そんな軽くてしっかりしたフレームにシマノ105 2×11段ギアが軽いタッチでキビキビした変速を約束します。

IMG_2115

ブレーキもシマノ105キャリパーが標準装備。大切なブレーキだからこそコストダウンの妥協を許さない本格派仕様となっています。

IMG_2138

サドルにはボントレガーのモントローズサドルを採用、程よいクッション性と穴あきタイプで、デリケートな部分に痛みやしびれが出にくい人間工学に基づいたサドルです。

IMG_2154

タイヤは主流のちょっと太め700×25Cサイズを採用、このサイズのまま乗るのも良し、慣れてきたら少し細身のタイヤに交換するのもGOOD、ホイールにはボントレガーのTLRホイールで、このTLRとはチューブレスレディの略。つまり別売りのキットを装着すればチューブレス化する事が出来る“伸びしろ”を秘めています。

IMG_2117

他社ではマネ出来ない、トレックの技術を結集させたちょっとリッチなアルミバイクが、ロードレースやヒルクライム、ロングライド等あなたの“可能性”や“伸びしろ”にもキチンと応えてくれる事でしょう。試乗車をご用意していますので是非店頭でご確認ください。

大変お得な、初めてのロードバイク応援キャンペーンも5月12日(金)までとなっています。

初めてのロードバイク応援キャンペーンの詳細はコチラをチェック→2大特典!初めてのロードバイク応援キャンペーン

ビビッときた方、お早目にご検討の上ご来店ください。

 

 トレックの人気アルミロードバイク2種類を乗り比べ!試乗車情報もチェックしてみてくだい。→エモンダALRとドマーネALR試乗車情報ページ




トレック ZEKTOR3(ゼクター3) マルチでアグレッシブなクロスバイク!

2017年モデルから新登場したクロスバイク、ZEKTOR(ゼクター)シリーズ。元々のコンセプトでもある通勤通学用としてはもちろん、そのスタイリッシュなデザインと走行性能で注目度も高くなっています。

今回はデザイン鮮やか、スペック充実のゼクター3をご紹介です!

IMG_2065

TREK 2017-2018 ZEKTOR 3 ¥99,360(税込)

ゼクターシリーズの特徴は、高すぎずゆったりすぎないハンドルポジション、舗装路で使いやすいギア比のロード用コンポーネント、そして制動力とコントロール性の高い油圧式ディスクブレーキ搭載、という従来のクロスバイクとは性能もイメージも一味違うテイスト。

IMG_2048

ゼクター3は濃いめのグレーがツヤ有りとツヤ無しのツートンに、そして差し色に蛍光グリーンと、今までクロスバイクにはあまりなかったクールな配色とデザインも人気の理由です。

IMG_2059

ロード用コンポーネントのシフトレバーは操作感もメカメカしく軽快、指になじむ形状でタッチも快適。油圧式ブレーキのレバーは少ない力で大きな制動力が出せるので微調整がしやすくバイクのコントロール性が格段に上がります。

IMG_2052

こちらは目を引くディスクブレーキ部分。急な下り坂でも雨の日でも抜群の制動力を発揮してくれるので安全で安心。使い方にもよりますがブレーキパッドは意外に長持ちもします。

IMG_2055

駆動系コンポーネントはロード用のシマノSORA(ソラ)をベースに、クランクは重すぎず軽すぎずオンロードで使いやすい48/32のフロントギアに。高い変速性能と使いやすいギア比でついついスピードも上がってしまいそうです。

IMG_2053

タイヤはボントレガー最高クラスの耐パンク性と耐久性を兼ね備えたタイプで、雨の日でもスリップしにくいように溝有りに。サイドには反射素材も付いていて安全性もアップ。700×32Cは段差のクッション性も備えながら軽快な走りのちょうどいいサイズです。

IMG_2066

開発力の高いトレックならではのいいところも。グリップは疲れやしびれを軽減してくれる人間工学に基づいたエルゴ形状、握り心地最高です。ボルト止めするロックオンタイプなので回ってしまうことも少なくなります。

IMG_2050

左のチェーンステーにはトレックの便利な機能のデュオトラップマウントも。フレームにサイクルコンピューターのセンサーを内蔵して見た目もスッキリ、位置がずれて読み取らないなんてことも防いでくれます。ANT+とBluetoothでスマートフォンにも対応、一か所でスピードとケイデンス(ペダルの回転数)の両方がとれます。

IMG_2070

こちらもトレックのほとんどの車種に採用されるようになったブレンダーシステム、ステム中央の溝に専用のアダプターを差し込みます。ライトやベルやコンピューターやスマートフォンホルダーなどなどハンドル回りにはつけたいものがいろいろですが、

IMG_2073

このようにハンドルの中央部分にアクセサリーを持ってこられるからスッキリ。トレック純正のライトとコンピューターがつけられるマウントがもれなく付属、オプションでガーミンのEDGEシリーズやGOPROまでいけるマウントもあります。

IMG_2076

通勤通学もフィットネスもサイクリングも幅広く活躍してくれるゼクターシリーズ、初めてのクロスバイクにもおススメです。

価格を抑えたグレード違いのゼクター2も人気です!→アグレッシブに走れるクロスバイク トレック ZEKTOR2(ゼクター2)

クロスバイクの定番FXシリーズもおススメです!→TREK(トレック) FX3 2018年モデル 人気実力No1クロスバイクのニューモデル!


16 / 45« 先頭...1617...40...最後 »

Brenda店舗写真

【BRENDA -ブレンダ- 】

米国最大の自転車メーカー『TREK(トレック)』を中心とした人気ブランドを取り扱うショップです。約60坪の広々とした店内に、スポーツ自転車を約50台展示しております。試乗をして頂いたり、サイズフィッティングをしたりと『見て』『体感して』自転車を選んで頂けます。初めての方も大歓迎です!気軽に相談できるスタッフがお待ちしておりますので、安心してご来店ください。

〒981-1106 宮城県仙台市太白区柳生2-5-2
TEL022-797-7739

アクセス